• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

インド中東部、オリッサ州の町。州都ブバネシュワルの南東約70キロメートルに位置する。13世紀に建立された古代インドの太陽神スーリヤを祭る寺院がある。本殿や祠堂の壁面にスーリヤの象徴とされる馬に引かれた馬車をはじめ、保存状態のよい浮き彫りが残っている。1984年、「コナーラクのスーリヤ寺院」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。コナラク。