• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

イラン南西部、フーゼスターン州の都市。カールーン川沿いに位置する。アケメネス朝ササン朝ペルシア時代から続く古代の運河やダムなどの大規模な灌漑 (かんがい) 設備が残っている。19世紀に衰退したが、1970年代にパフラビー朝のモハンマド=パフラビーにより農業振興を目的として再建され、現在も利用されている。2009年、「シューシュタルの歴史的水利施設」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。