Knežev dvor》クロアチア最南部、アドリア海に面した都市ドゥブロブニクの旧市街にある建物。15世紀初め、ドゥブロブニク共和国の総督の邸宅、および行政府、立法府として建造。完成から30年後、火薬の爆発で被害を受けて修復されたため、ゴシック様式とルネサンス様式が見られる。17世紀の大地震の後に行われた修復ではバロック様式の装飾が施された。現在は歴史博物館として利用されている。総督邸がある旧市街は、1979年に世界遺産(文化遺産)に登録された。