フランス北西部、イギリス海峡に臨む地方(レジオン)。911年にノルマン人の族長ロロがノルマンディー公国を建国し、1066年、ウィリアム1世の時にイングランド領となったが、のちフランスが奪回。第二次大戦末期の1944年6月、連合軍の大規模な敵前上陸作戦が行われた。1964年にバス‐ノルマンディーオート‐ノルマンディーの地方政府が樹立したが、2016年に統合された。地方政府はセーヌ‐マリチーム県のルーアンにある。