• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Prasat Hin Phanom Rung》タイ北東部、イサーン地方南部にある遺跡。標高383メートルの小高い丘の上に位置する。クメール朝時代の10世紀半ばに最初の礼拝堂が建立され、13世紀頃にクメール様式の中では同国有数の大規模な寺院になった。中央の本堂は2種類の砂岩を用い、外壁に精緻な浮き彫りが施されている。1971年から1988年にかけて修復が行われ、遺跡公園として公開された。