• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

2個のフェライト磁心にコイルを巻き、コンデンサーと組み合わせて、入力周波数の半分の出力周波数を得る共振回路。二通りの位相が得られるので、二進法に対応させコンピューターの論理回路素子として用いた。昭和29年(1954)後藤英一が発明。