• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

リン酸化されたたんぱく質脱リン酸化する酵素加水分解によってたんぱく質からリン酸基を除去する。チロシン残基に作用するもの(チロシンホスファターゼ)とセリントレオニンの残基に作用するもの(セリン-トレオニンホスファターゼ)などがある。プロテインキナーゼと逆の反応を触媒するもので、生体内での糖代謝・平滑筋の収縮・細胞周期・細胞分化の制御・免疫系や神経系の維持などに重要な役割を果たしている。たんぱく質ホスファターゼ。たんぱく質脱リン酸化酵素。ホスホリラーゼホスファターゼ。PP(protein phosphatase)。