化学反応の前後でそれ自身は変化しないが、反応速度を変化させる物質水素酸素から水を生じさせる際の白金黒 (はっきんこく) など。反応を速くする触媒を正触媒、遅くする触媒を負触媒という。

[補説]書名別項。→触媒

田久保英夫小説昭和53年(1978)刊。翌年、第29回芸術選奨文部大臣賞受賞。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年7月