化学反応の前後でそれ自身は変化しないが、反応の速度を変化させる物質。水素酸素から水を生じさせる際の白金黒 (はっきんこく) など。反応を速くする触媒を正触媒、遅くする触媒を負触媒という。

[補説]書名別項。→触媒

田久保英夫の小説。昭和53年(1978)刊。翌年、第29回芸術選奨文部大臣賞受賞。

出典:gooニュース