• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Reed-Solomon code》デジタルデータの送受信や記憶媒体の書き込みに用いられる誤り訂正符号の一。1960年にリード(I.Reed)とソロモン(G.Solomon)によって考案された。複雑なアルゴリズムを必要とするが、誤り訂正の能力が高く、バースト誤りのような連続した複数ビットの訂正にも強い。RS符号。