• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

黄色または赤色のの酸化物。酸にもアルカリにも溶ける。融解した鉛に空気を吹き込むか、硝酸鉛などを熱分解して作ったものは黄色で、金密陀 (きんみつだ) とよばれ、これを融解して冷却したものは橙赤色で、密陀僧 (みつだそう) リサージ)とよばれる。鉛ガラス釉薬・顔料の原料、ゴムの加硫促進剤などに使用。化学式PbO