[副]《「丁 (ちょう) と」からできた語か。「丁度」は当て字》
  1. ある基準に、過不足なく一致するさま。きっかり。ぴったり。きっちり。「—約束時間に着く」「ブラジルは—日本の裏側にある」

  1. ある物事期待目的にうまく合うさま。折よく。都合よく。「—よいところへ来てくれた」「—手があいたところだ」

  1. ある物事が、そのときまさに行われているさま。「—うわさをしていたところだ」

  1. (「恰度」とも当てて書く)そっくりそのままある物事にたとえられるさま。まるで。さながら。「—秋晴れの空のような深い青」

  1. 酒などの分量が多いさま。たっぷり。十分に。

    1. 「納めの杯、坂部も—下されて」〈浄・宵庚申

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。