• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

近世末期、芝増上寺を出て江戸市中を毎夕七つ時から、拍子木を打ち、念仏を唱えて托鉢 (たくはつ) して歩いた僧。

「―の拍子木とともに座敷の道具かはりて」〈人・辰巳園・後〉