十二支の丑にあたる日。特に夏の土用の丑の日と寒中の丑の日をいう。夏の土用の丑の日には、鰻 (うなぎ) のかば焼きを食べ、灸 (きゅう) を据え、寒中の丑の日には、丑紅を買う風習がある。