• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

気象衛星による画像で、にんじん状の細長い三角形をした雲。風上から風下に向かって広がる積乱雲の列と、上層の風で流されるかなとこ雲からなる。風上側の先端部分は、豪雨・突風・雷など激しい気象現象を伴うことが多い。にんじん雲。テーパリングクラウド。

[地学/気象]カテゴリの言葉