• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 現時点では直接の利益に結びつかないが、今後の増益や新展開が期待できるとして行われる投資。「新市場開拓のための―」

  1. (比喩的に)今は不要だが、将来役に立つであろう物事に金銭や労力を使うこと。「防災への―」「自分への―として英語を学ぶ」

[社会/経済]カテゴリの言葉