• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. こよりに火薬をひねり込んだ花火。火をつけると松葉のような形の閃光を出す。手花火。花火線香。 夏》「庭に出て―や雨あがり/立子

  1. 一時的で、すぐ勢いのなくなってしまうことのたとえ。「人気が―に終わる」