• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

冠状動脈が一時的に痙攣 (けいれん) して細くなり、血流が低下することによって起こる狭心症。夜間から早朝にかけての安静時や、飲酒・喫煙時などに起こることが多い。ニトログリセリンなどの硝酸薬やカルシウム拮抗薬により冠状動脈を拡張させ痙攣を抑える。安静時狭心症。