核反応による熱エネルギーを高温高圧の水として取り出す原子炉原子炉容器内を循環する水(一次冷却水)に高い圧力を加えて高温でも沸騰させないようにし、その熱で別の配管を流れる水(二次冷却水)を蒸気に変えて発電機のタービンを回す。特に、加圧水型軽水炉のこと。加圧水型炉。PWR(pressurized water reactor)。→軽水炉

[補説]沸騰水型原子炉に比べて構造が複雑になるが、放射性物質を一次冷却系に閉じ込めることができる。タービンを遮蔽する必要はない。