• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

antinatalism

人は生まれてくるべきでなく、また、子を生むべきでないという思想。幸福に生きているように見える人も、多くの苦痛を味わっており、最大の苦痛であるは避けられない。また、環境破壊や資源枯渇などにより、人類の繁栄が永続するとは考えにくい。ゆえに、子孫の多くは苦痛の生と死を味わうことになるので、それを減らすために子孫を残すべき出ないと主張する。ショーペンハウアーらが唱えた。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉