[形][文]くちを・し[シク]
  1. 思うようにいかなかったり大切なものを失ったりして残念に思うさま。また、いまいましく思うさま。くやしい。「こんな結果になるなんて―・いことだ」

  1. 対象が期待外れで満足できないさま。つまらない。取り柄がない。

    1. 「人のありさまの、とりどりに―・しくはあらぬを」〈・若菜下〉

  1. 身分などが低くて言うに足りない。取るに足らない。

    1. 「いと―・しき際 (きは) の田舎人こそ」〈・明石〉

出典:青空文庫