• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

右は京都へ通じる東海道、左は伊勢の参宮道。関の追分 (おいわけ) が分岐点であるところから、初めはわずかな違いでも、後には非常に大きな差になることのたとえ。