• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

津波や洪水などで地域が浸水した際に避難するための築山。

[補説]静岡県袋井市には江戸時代に造られた「大野命山」「中新田命山」が残り、県の指定文化財となっている。また平成25年(2013)には約1300人が避難できる「湊 (みなと) 命山」が新たに造営された。