• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名](スル)
  1. 古文書の写しなどで、原本のほうにはここに花押 (かおう) が書かれているということを示す語。ありはん。

  1. 茶の湯で、香合、水指など茶器に、朱漆などで花押や署名が直書してあること。

  1. 花押を書くこと。または印を押すこと。

    1. 「俊寛がゆるし文、能登守教経 (のとのかみのりつね) と、―して渡さる」〈浄・女護島