俊寛の解説 - 小学館 大辞泉

[1143~1179]平安末期の真言宗の僧。鹿ヶ谷 (ししがたに) の山荘で藤原成親・成経父子や平康頼らと平清盛討伐の密議をしていたのが発覚して流島となり、鬼界ヶ島で没した。
謡曲。四番目物喜多流では「鬼界島」。平家物語に取材。鬼界ヶ島に流されている俊寛はかつての仲間の成経・康頼が赦免されるのを悲しく見送る。
倉田百三の戯曲。大正7年(1918)「白樺」誌に発表。大正13年(1924)、帝国ホテル演芸場にて上演。

出典:青空文庫

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇・映画の作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉