• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

何晏の解説 - 小学館 大辞泉

[?~249]中国、三国時代の魏 (ぎ) の学者。字 (あざな) は平叔 (へいしゅく) 。南陽・宛 (えん) (河南省)の人。老荘の学を好み、王弼 (おうひつ) とともに玄学の風を開いた。明 (めい) 帝に仕え列侯となったが、司馬懿 (しばい) に殺された。著「論語集解 (ろんごしっかい) 」など。