• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平康頼の解説 - 小学館 大辞泉

平安末期、後白河院の近臣。鹿ヶ谷 (ししがたに) の議に参加し、俊寛らとともに鬼界ヶ島に流され、翌年許されて帰り、仏門に入った。法名、性照。著「宝物集」。生没年未詳。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉