• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平忠度の解説 - 小学館 大辞泉

[1144~1184]平安末期の武将・歌人。忠盛の子。清盛の弟。薩摩守 (さつまのかみ) 。藤原俊成に師事して和歌をよくし、平氏西走の途中、京都に引き返して師に詠草1巻を託した話は有名。一ノ谷の戦いで戦死。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉