• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平清盛の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[1118〜1181]平安末期の武将忠盛長子通称、平相国・入道相国。法号、浄海。保元の乱平治の乱躍進し、源氏勢力を抑えて従一位太政大臣となった。対宋貿易を振興し、六波羅政権を樹立。娘徳子高倉天皇の妃とし、その子安徳天皇即位により皇室の外戚として威を振るった。のち、反平氏勢力との内乱のさなか、熱病で没した。
山田美妙の歴史小説。明治43年(1910)刊行

[文学]の言葉

[明治以降の作品]の言葉

[日本史]の言葉

[平安時代までの人物]の言葉

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。