• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

保元元年(1156)京都に起こった内乱。皇室では皇位継承に関して不満をもつ崇徳上皇後白河天皇とが、摂関家では藤原頼長忠通とが対立し、崇徳・頼長側は源為義平忠正の軍を招き、後白河・忠通側は源義朝平清盛の軍を招いて交戦したが、崇徳側が敗れ、上皇は讃岐 (さぬき) に流された。貴族の無力化と武士の実力を示した事件で、武士の政界進出を促した。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉