[名]《近世上方語》幼児。男女の区別なく用いたが、後期には女児をさすようになった。
    1. 「お生まれなされた―様(=男児)の」〈浄・布引滝

    2. 「向かひの嬶 (かか) や隣の―(=女児)なぞ対手 (あひて) にして」〈滑・浮世風呂・四〉
[接頭]名詞に付いて、おさない、いとけない、の意を表す。
    1. 「―姫君二つ三つばかりにておはしませば」〈栄花・初花〉

  1. 天然、または人造の繊維を細長く引きのばしてよりをかけたもの。織物糸・縫い糸・編み物糸など。「糸をつむぐ」

  1. 細長く1のようになっているもの。「クモの糸」

  1. 琴または三味線などの弦楽器の弦 (げん) 。「糸を張る」

  1. 琴・三味線のこと。「糸竹」

  1. 釣り糸。「糸を垂れる」

  1. (比喩的に)物事を結びつけるもの。「記憶の糸をたぐる」「運命の糸」

  1. 糸引き納豆をいう女房詞

謀反 (むほん) の心。異心。

[名](スル)
  1. 何かをしようとすること。「早期開催を意図する」

  1. 何かをしようと考えている事柄。おもわく。もくろみ。「相手の意図をくむ」

[副]

  1. 非常に。たいへん。きわめて。

    1. 「三寸ばかりなる人、―うつくしうて居たり」〈竹取

  1. ほんとうに。まったく。

    1. 「忘れ草種とらましを逢ふことの―かく難きものと知りせば」〈古今・恋五〉

  1. (あとに打消しの語を伴って)あまり。それほど。

    1. 「―やむごとなき際 (きは) にはあらぬが」〈・桐壺〉

[補説]現在「いとも」という表現に残る。

出典:gooニュース

出典:青空文庫