• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

藤原頼長の解説 - 小学館 大辞泉

[1120~1156]平安後期の公卿。忠実の二男。通称、字治左大臣・悪左府。博識多才で父に愛され、兄の関白忠通と対立。崇徳上皇と結んで保元の乱を起こして敗死。日記「台記」がある。