藤四郎の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

鎌倉時代の陶工で瀬戸焼の祖とされる加藤四郎左衛門景正 (かげまさ) 略称。藤四郎の名は代々継承され、12代を数える。
鎌倉時代の刀工粟田口吉光通称
  1. 陶工、藤四郎の焼いた陶器。特に茶入れで、2代目藤四郎基通作とされる真中古 (まちゅうこ) をさし、初代の作は春慶・唐物などと称される。

  1. 《「しろうと(素人)」を逆さまにして人名のようにいった語》しろうと。とうしろ。

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。