藤原顕輔の解説 - 小学館 大辞泉

[1090~1155]平安後期の歌人。六条家の祖といわれる顕季 (あきすえ) の子で、清輔の父。六条家を継ぎ、崇徳院の院宣により「詞花集」を撰進。家集に「左京大夫顕輔卿集」がある。