藤原清輔の解説 - 小学館 大辞泉

[1104~1177]平安後期の歌人・歌学者。顕輔 (あきすけ) の子。六条家の中心人物で、俊成と並び称された。二条天皇の命で、「続詞花集」を撰。著「奥義抄」「袋草紙」、家集「清輔朝臣集」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉