• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

藤原為世の解説 - 小学館 大辞泉

[1251~1338]鎌倉後期の歌人。為氏の子。法名、明釈。二条家の嫡流で伝統的立場を守り、進歩的な京極為兼と対立。「新後撰集」「続千載集」を撰進。歌論書「和歌庭訓抄」など。二条為世。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉