• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

京極為兼の解説 - 小学館 大辞泉

[1254~1332]鎌倉後期の歌人。藤原定家の孫為教 (ためのり) の子。二条家と歌道の主導権を争い、革新的な歌風を樹立。玉葉集を編集した。政治上、持明院統に属し、佐渡・土佐に流された。歌論書「為兼卿和歌抄」がある。