• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

藤原為家の解説 - 小学館 大辞泉

[1198~1275]鎌倉前・中期の歌人。定家の長男。別称、中院禅師など。法名、融覚。父の歌風を継ぎ、御子左家 (みこひだりけ) を確立。阿仏尼はその後妻。「続後撰集」「続古今集」を撰進。歌論書「詠歌一体」、家集「為家集」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉