• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

藤原道長の六男長家が醍醐天皇の皇子、左大臣源兼明の邸宅を伝領したところから》平安末期から鎌倉初期にかけて、藤原俊成定家為家 (ためいえ) 3代を中心とする和歌師範家としての家系。為家の子為氏 (ためうじ) 為教 (ためのり) 為相 (ためすけ) はそれぞれ二条京極冷泉 (れいぜい) の三家に分立した。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉