源義朝の解説 - 小学館 大辞泉

[1123~1160]平安末期の武将。為義の長男。保元の乱後白河天皇方に味方して勝利をおさめ、敵方の父為義ら一族を滅ぼした。のち、藤原信頼と結んで平治の乱を起こしたが、敗れて尾張で殺された。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉