源義家の解説 - 小学館 大辞泉

[1039~1106]平安後期の武将。頼義の長男。通称、八幡太郎。前九年の役で父を助けて安倍氏を討ち、のち、陸奥守兼鎮守府将軍となり、後三年の役を鎮定。東国における源氏勢力の基盤をつくった。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉