• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

永保3~寛治元年(1083~87)に奥羽で起きた戦い。前九年の役後、奥羽に力を伸ばした清原氏の内紛に陸奥守 (むつのかみ) として赴任した源義家が介入し、藤原清衡 (ふじわらのきよひら) を助けて清原家衡武衡を滅ぼしたもの。清衡は奥羽の地盤を引き継ぎ、源氏は東国に基盤を築いた。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉