源義仲の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[1154〜1184]平安末期の武将為義の孫。幼名、駒王丸。木曽山中で育ち、木曽冠者と称される。以仁王 (もちひとおう) の平氏討伐の令旨を受けて、頼朝行家呼応して挙兵平維盛倶利伽羅峠で破り、京都に入って朝日将軍とよばれた。しかし後白河院対立し、範頼義経追討を受け、近江 (おうみ) 国粟津で戦死。木曽義仲。

[日本史]の言葉

[平安時代までの人物]の言葉

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。