[名・形動]
  1. 能力や行為について、すぐれた評価を得ていること。また、そのさま。「名誉ある地位」「名誉な賞」

  1. 社会的に認められている、その個人または集団の人格的価値。体面。面目。「名誉を回復する」「名誉を傷つける」「名誉挽回」

  1. 身分や職名を表す語に付けて、その人の功労をたたえて贈る称号とするもの。「名誉会長」

  1. 有名であること。評判が高いこと。また、そのさま。よいことにも悪いことにもいう。

    1. 「かくれなき強盗―の大剛の者にて候」〈古活字本平治・中〉

  1. 珍しいこと。また、そのさま。不思議。

    1. 「駿河の二郎は、―なことの、夏冬なしにふんどし嫌ひ」〈浮・諸国ばなし・一〉

[副]どういうわけか。不思議に。
    1. 「ここにて―悪心変はりて」〈浮・置土産・一〉

[補説]作品名別項。→名誉

《原題、(ドイツ)Die Ehreズーダーマンの戯曲。1889年、ベルリンにて自由劇場が初演、大成功をおさめた出世作。

出典:gooニュース

出典:青空文庫