• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

地上権または土地の賃借権登記されていない場合に、地主が地代値上げの目的で建物のある土地を仮装的に売買すること。日露戦争後の地価の暴騰の際に盛んに行われた。地震のように借地上の建物の存立の基盤を危うくするところから言われた語。