古代中国の宇宙観で、万物を構成する陰陽二つの気に分かれる以前の根元の気。南宋の朱熹 (しゅき) は、太極は天地万物の根拠の理であると考えた。