[名・形動]よこしまで、心にいつわりが多いこと。また、そのさま。かんきつ。
  • 「この残酷にして―なる神の悪戯に堪 (た) うる能 (あた) わず」〈芥川・開化の殺人〉
[名・形動]かんけつ(奸譎)

出典:青空文庫