• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

植物分布の境界線の一。千島列島の択捉島ウルップ島の間(択捉水道)に引かれる。この線より南側にはトドマツエゾマツミズナラが分布し、北海道本島の植物相と共通し、北側ではシベリアやカムチャッカとの共通種が多い。名称は植物学者宮部金吾にちなむ。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉