大棟 (おおむね) の両端から四方に隅棟 (すみむね) が降りる形式の屋根。屋根面は台形と三角形が二つずつからなる。四注造り。