• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

旧日本陸軍において、航空機の操縦・整備や通信に従事する下士官となるため、志願して軍学校に入り、専門教育を受けた14~19歳の男子。陸軍少年飛行兵。少飛。

[補説]海軍飛行予科練習生と合わせて少年航空兵と呼ばれる。