• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ラ四]
  1. 盛りを過ぎて衰える。

    1. 「身用心の傾城買いも―・らぬうちに分別すべし」〈浮・好色盛衰記〉

  1. 香が燃えつきる。

    1. 「―・りたれども聞き分け給へと」〈浮・武家義理・一〉

[動ラ下二]すがれる」の文語形。